スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

いわしの酢漬け

昨日の土曜日、大多喜ショッピングセンターで見た、
まるまる太ったいわしが頭から離れなくて、
今日はそのいわしを酢で〆てみよう!と思い立った。
そうして大多喜に行くと、そのいわしがないではないか・・・。
以前もこんなことがあったような。
今日はいわしはないのか、と尋ねると、
今日は入ってこないね。とそっけなく言われた。

くやしい~!

しかしこんなことでは負けまい、と、
海に沿ってクルマを大原の方まで走らせた。

するとカインズホームの手前にひものやがあったので、
そこにはいってみることにした。

「すいません、生のいわし、ありますか?」

と聞くと、比較的若いお兄さんが、
こいつ何すっとんきょうなこと言ってやがる、とばかり笑われてしまった。

つまり、こういうことである。

・いわしのような巻き網漁は、土日はやらない。
・大体において、今日みたいな風の強い日は、船が出られない。
・銚子から九十九里海岸にかけて、いわしの群れがほんと少なくなっている。
・震災の補助金が出てるんで、漁師は仕事をしなくなってきている。

な~るほど!

そして、生のいわしをどうして喰うの?
と聞くんで、酢で〆ようと思っている、と答えたら、
またもや講義が始まった。

・今の時期のいわしは卵をはらむんで、あまりおいしくない。
・生のいわしは寄生虫がいるので、一旦凍らせたほうがいい。
・たとえ酢で〆ても、寄生虫は死なない。

な~るほど。な~るほど。。。

じゃあ、しょうがない。あきらめるしかないか・・・。
と思ったら、

「お兄さん(おっさんなんだけど・・・)、うちに2キロパックで冷凍してあるのがあるから、
それでよかったら持って行きな。いいいわしだよ。」

と、半ば強引に冷凍庫まで連れて行かれてしまった。

いや~、商売上手だなあ・・・などと思って待っていたら、
30センチ四方の発泡スチロールに入った小いわしは、
ほんと!見るからに活きがいいまま瞬間冷凍されたのがよくわかった。

これで500円は、安いでしょう!

というわけで、
2キロもどうすんのよ!という妻のキンキン声が多少聞こえてきたが、
まあいい。昼飯一回ぶんより安いんだ。
即決購入!

さて、持ちかえってからの調理が、これまた大変だった。

大きないわしだったら簡単だけど、10センチ程度の小いわし、
半分使っても50匹やあるだろう。

おみせのお兄さんが、これで3枚におろすと簡単だよ。
と言ってくれた、ダンボールの梱包使う、1センチ程度の幅の
硬いブルーの梱包テープを包丁のように使って、
身を骨からはがしていくのだが、
そんな簡単に行くわけがない。
ひたすら専念すること1時間半。
いわしの身もこっちの身もボロボロになったが、
なんとかさばききった。

さて、そこからはテキパキと調理に入ろう。

まず、いわしに塩を振り、10分ほど置く。
こうすることで、生臭い水分を抜いてしまうのだ。

RIMG0806_convert_20130311091115.jpg

そして塩を洗い落し、
同量の酢と日本酒、それにわずかのしょうゆを混ぜた液体につけて、
1時間ほど寝かせばできあがり、である。

やっと口にすることができたのは、WBCオランダ戦で、内川が3ランを打ったあたりで、
いけいけドンドンの日本の攻撃に、お酒のピッチもいけいけドンドンになっており、
僕はほぼ酔っ払い状態。

酔いにまぎれて、というか、
日本のすごさにその感動はうばわれたが、
これちゃんと喰ったら、すげーうまいはずだ、という確信だけは残った。

ほとんど手をつけず、タッパに入れて明日東京の酒のつまみじゃ!

スポンサーサイト

 これうまっ!

- 1 Comments

鈴木康  

あの節は大変お世話になりました

お久しぶりです。フェイスブック承認有り難う。
ツイッター(https://twitter.com/suzuyasu2)を始めたらフォロアーが増えて本の売れ行きも良くなりました。
 最近よく楽しむのがイタリアン清蒸で、この間は鰆を酒蒸しにしてアスパラとニンニクの薄切りを素揚げにした100ccほどの熱いオリーブ油をかけ回したらうまかった。
 鰯料理で好きなのが「ヤンソンの誘惑」でこれは絶品。ただ酢じめはどうも小骨がうまくとれないので、なめろうにしたりする。鰯の小骨をうまく抜くコツあったら教えてください。

2013/03/11 (Mon) 22:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。