FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

マリブのホットサンド

前日飲み過ぎた僕は、
どうしてもやらなくてはいけない仕事を、
勝浦に持って帰るハメになった。

今週の勝浦は、とにかくのんびり庭の手入れでもしようと思っていたので、
残念。

眠い目をこすり、妻と9時半に家を出て、
勝浦に着いたのが12時過ぎ。
仕事に取り掛かる前に腹ごしらえをしたい。
どうせ腹ごしらえするなら、海の見える場所がいい。
となり、いつもよく通る串浜の海沿いに立つ和食の店、
「カクイ」に行ってみることにした。

ここに来るのは初めて。
KAPの理事長、三宅さんから、
「あそこはなかなかおいしいよ。」
と聞いていたので、気になっていて、
楽しみである。

駐車場にクルマを止めて入り口を入ろうとしたら、
意外なことに気がついた。
入口が2つあって、奥の方は宿泊者の入り口なのである。
そう、ここ「カクイ」は旅館でもあるのです。

次に、レストランの扉を開けてびっくりした。
木のテーブルと椅子、
大きなガラス窓、
壁には趣のある間接照明、
奥にはズラリと洋酒が並んだ、
立派なバーカウンターがあるのだ。
そう、外観は和食の店、なのですが、
中へ入るとちょっと西海岸な洋食のレストランなのです。

いい意味で裏切ってくれる「カクイ」。
さて、メニューを開くと、そこはさすがに勝浦だった。
刺身や煮付け、フライなどの魚料理がメインのようで、
それも1500円~2000円クラスと本格的なのである。

小腹がすいた程度で、夜はカレーと決めていた僕らは、
そこまでガッツリ食べなくてもいいし、
この西海岸なムードの中では洋食っぽい方がいいね、
ということもあり、
妻は「トンカツ定食」。
僕は「ホットツナサンド」を頼んだ。
(小腹だとか西海岸だとかといっても、トンカツ定食ではあったのですが・・・)

そうして間もなく運ばれてきた「ホットツナサンド」をガブリとやった僕は、
そこでまた驚いた。
中身がぎっしりとつまり、ツナとマヨネーズがとろけるようにやわらかい。
ジューシーで齧るとツナマヨがこぼれ出し、
まるで極上の小籠包を齧ったときのようだ。
しかも、とても大きいパンを使っているようで、
その量は半端ない。

おもわずこぼれ出す汁を受け止めるようにすすり味わうと、
なんだか気分はカリフォルニア。
これはゆっくり味合わないと、全部食べきれないなあ・・・。
などと嬉しくなってくる。

大きなガラス窓の外は、波もなく穏やかな青い海が広がっている。
足元の漁船たちもみんな眠っていて、ほんと静か。
サーファーたちも、この穏やかさにやる気をそがれたようで、
ポツリポツリとしか見当たらない。

串浜。別名「マリブ」。
本場のマリブは、この海のずっとずっと向こうにあるのだろうけど、
一年中夏まるだしのマリブより、
駆け足で過ぎていく秋の腕を、
ちょっと待った~!とばかりグイと掴んで、
少しゆっくりしていきなよ、ホットサンドでも食べながら、さ。
とおもてなしする、
ここ、日本のマリブの方が、僕は好きだな。

いつもは食べたらすぐ店を出ようとする相方も、
今日はこの風景に立ち止まっているようだ。

RIMG1773_convert_20130928211520.jpg

【野趣・海の幸「カクイ」】

〒299-5226 千葉県勝浦市串浜17
TEL:0470-73-1083
FAX:0470-73-7170

スポンサーサイト

 勝浦だより

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。