FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

長男との勝浦

大学2年生の長男が、
普通自動車の運転免許を、一年がかりで、
この師走にやっとこさ取った。

たかが車の免許に、どんだけ時間かけてんだよ!と、
何度もいら立ったが、
今はみんなそうらいしいですね・・・。

さて、免許が手元に来て、運転したくなったのか、
僕が今日勝浦に行くというと、自分が運転して連れてってやる!
と意気揚々。

練習もかねて、じゃあ一緒に行くか!とばかり、
今日は教習所の先生に徹しようと、覚悟を決めた。

僕は大学一年の時に、仮免許でオヤジを助手席に乗せて、
オヤジのクルマを運転して親せきの家まで行ったことがあるのだが、
細い路地を鋭角に左折するときに、
左側のボディを縁石にぶつけたことがある。

「おれはうまいから全然大丈夫だよ。」
そう意気まいて借りただけに、あー、こりゃ怒られる・・・
と思ったのだが、意外にも全く怒られず、
「もっと内輪差を考えて、速度をゆるめて慎重に」
と諭されたことがいまだに記憶に残っていて、
もしもコイツがぶつけたら、
果たしてオレはそういう風に冷静に対処できるだろうか・・・
そんな他愛もないことを想いながら助手席に乗って勝浦まで行ったのだが、
息子の運転は、意外にも慎重で安定していた。
というか、手に汗かいて、慎重に慎重を期していたようで、
止まるたびにホッと大きく深呼吸している。

どんなに意気まいても、内心はドキドキオドオドしているんだろうな。
そんな姿が目に見えてわかると、
ひょっとして僕もそんな風にオヤジに映っていたのかと気付き、
なんだか「親心」というものがちょっとわかったような気がした。


2週間ぶりの、ここ勝浦。
家に着くと、お向いさんの家の前におもしろいバイクが止まっていた。

RIMG1917_convert_20131229205356.jpg

RIMG1916_convert_20131229205434.jpg

どうやらお向いさんのクルマのタイヤ交換のためにやってきた自動車整備工場の
社長のバイクらしい。

ペダルがついていて、スタンドは片側のみ。
一見ビーチバイクのようなおしゃれな自転車なのだが、
よく見るとフレームの真ん中に小さなエンジンがある。
聞くと、こういう原動機付き自転車を、海外では、「モペット」と呼ぶらしい。

そしてこのナンバープレートがなんともオシャレ!
御宿のナンバーが、とってもかわいい!!
2週間都会での仕事に潰されかかっていた右脳が一気に目覚め、
ああ来てよかった!と、心から思った。


それにしても、ここ勝浦は寒い。
特に家の中は・・・。

RIMG1919_convert_20131229205555.jpg


午後まだ早い時間なのに、ストーヴを焚かずにはいられない。
まあ、それこそ楽しみでもあるのだが。

そのストーヴのエンジンに火を入れるのも、息子にまかせた。

RIMG1918_convert_20131229205519.jpg

何も教えていないのに、手際がいいじゃないか!
しかも、薪をくべるタイミングを心得ていて、
自らちゃんと目配りを怠らない。

クルマも薪ストーヴも、一から教えないとだめだろう・・・
そう思っていたけど、意外と親の背中見ているんだなあ。

ヘタレヘタレと言い続けてきたけど、
ヘタレはヘタレなりにヘタレを脱皮してきていると思うと、
暖かい空気に誘われてか、ジーンと暖かくなる。

しかし、「ドッキリ!騙された大賞」を見て大笑いしている息子は、
やはり親にとって、ヘタレはヘタレに変わりない。






スポンサーサイト

 勝浦だより

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。