スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

フクロウの旅立ち

僕の大好きな移動ハンバーガーショップ"OWL(フクロウ)"が、
今日で最後です。

その知らせを聞いたのは、つい先週のこと。
お貸しした薪割り斧を返していただいたときに、
「実は・・・」と、Mさんから告白された。

そう、告白された感じ。
しかも、告白されたのは愛ではなく、別れだったりして。

でも別れがあるから出会いもあるんだよね。

次なる出会いはどこで?
それは、海ほたるを渡って横浜・本牧。

今度は常設のお店になるそうです!
"OWL"が届けてくれたMさん、Tさんの笑顔には、
週末だけじゃなくて毎日のように会えるようになれるから、
ほんとはもっとうれしいはずなのにね。

さびしい。でもよかった!

そんなこんなで、今日は旅立つフクロウに会いたくて、
ラスト"OWL"@部原に、妻とランチに行きました。

R0021461_convert_20140323190410[1]

今日はその旅立ちをお祝いするかのような、晴天です。

何を食べようかな~
メニュープレートを見ると、
その隣に、フクロウからのメッセージが書いてありました。

R0021437_convert_20140323191819[1]

そう、思い出した。
2012年の春のことだったと思うけど、
朝起きて庭に出て、顔をあわせたTさんが、開口一番、
「昨日この裏山でフクロウを見たんですよ!
こんなところにフクロウがいるなんて、うそみたいですよね!」
と楽しそうに語ってくれた。

その時の驚きがこの店の"OWL"という名前になった。

確か僕は、古代エジプトの芸術と知恵の女神アテナのお供がフクロウで、
ゆえに縁起物として扱われている鳥であることを思い出し、
「いい名前ですね!」と、直感的に答えたような気がする。

結局僕は、Tさんが見たフクロウを未だに目にした事が無いけれど、
その羽は形を変えて、部原に心地いい風を送ってくれました。

1年半も羽ばたき続けると、少しはやつれも出てくるんだね。

R0021449_convert_20140323191012[1]

朝から何も食べずにいた僕らは、お腹がペコペコ。
部原の潮風とパテの焼ける匂いに、もう限界、となったところに、
注文したダブルバーガーとハンバーガーがやってきました。

R0021467_convert_20140323192058[1]

どうです、このバーガー!
この写真は、"OWL"がなかったら絶対に撮ることのできない写真だと思うと、
また少しセンチメンタルになる自分がいて、
忘れようとかぶりついたその端からこぼれる肉汁を吸すいあげるその代わりに、
ジーンと涙がこぼれそうになって、
僕はどっちを吸い上げていいかわからず、
ひとりちょいパニックに陥ってしまいました。

ふと外に目をやると、春の風鈴もさびしそうなまなざし。

R0021478_convert_20140323192353[1]

そのまなざしの先には、Tさんのこぼれるような笑顔がありました。
この笑顔が、幸せを呼ぶフクロウの正体です。

R0021444_convert_20140323191444[1]

フクロウは海ほたるを渡って横浜に行ってしまうけど、
フクロウがこの部原のデニーズとセブンイレブンの目の前の止まり木に止まって、
ステキな香りの風を送ってくれたことは、
たくさんの人の記憶に残り続けるに違いありません。

R0021454_convert_20140323192824[1]

本牧に舞い降りたら、舞い降りた場所を教えてくださいね。
必ず会いに行くね!







スポンサーサイト

 勝浦だより

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。