スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

僕の考える企画

上りのバスに乗りなさい。
そう母に言われて山を登るバスに乗ったら、誰もいない真っ暗な終点についたっけ。
この道をまっすぐ行きなさい。
そう母に言われて曲がりくねる道を外れて気がついたら、どこまでも青い草原が広がっていたっけ。
初めて六本木の駅に、モグラが顔を出すように着いたのは22歳の時。
日本じゃない国が、まるでアリの巣のように空から見えたのは、28歳の時。
自慢じゃないが、僕は隊員を引き連れて先頭を行くタイプじゃない。
自慢じゃないが、僕は隊員を最後尾から追っかけて、
みんながくじけないで進んでいくうしろ姿を見ているのが好きです。
それが僕に、前進せよ!を背中を押してくれている。
なぜか一番うしろなのに、誰かが僕を押してくれている。
そうして生まれる企画があってもいいと思っています。

P1000127_convert_20170129222359.jpg



スポンサーサイト

 仕事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。