スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

ふうてんの虎丸

うちのもう一匹のマンチカン。

P1010428_convert.jpg

正式な名前は「虎丸」といいます。

が、いつのまにか、「とらちゃん」とか「とりゃ!」とか呼ばれるようになり、
最近は太り気味のせいか、
「でぶとら」とか「まるとら」とか、
しまいには「たぬき」とか「ももんが」とか呼ばれています。

多分こいつが迷子になったら、
どんなに「虎丸!」って叫んでも、きっと出てこないでしょう。

とらは去年の夏、
ちょうど1歳の誕生日を迎える直前に、
心臓肥大で生きるか死ぬかの大病をしました。
かかりつけのお医者さんが懸命にみてくれたおかげで、
いまはもとどおり元気ですが、
先天性のようで、いつまた発症するかわからないので、
セミントラという薬を毎日飲んでます。

とらはだっこされたり、執拗に触られたりするのが大嫌い。
そのくせ、ほおっておくと、ナァナァと鳴いて、寄ってきます。
かまってほしいのかな?
そう思って近づくと、タタタッと逃げてしまいます。
どうやら僕のへたくそなギターが好きらしく、
ギターを弾きだすとおそるおそるやってきて、
足元あたりでゴロンとなります。

心臓肥大は定期的な診察が必要らしく、
三ヵ月に一回は、病院に行ってレントゲンをとったり、
エコーをしたり、心臓の音を調べたりしなくてはいけません。

いまのところ、元気いっぱい!
ちょっと太りすぎかも・・・といわれていますので、
餌の量には、家族全員で気遣っています。

そんな僕らの気持ちも知らんぷり。
腹が減ったらナァナァ鳴いて寄ってきて、
満足するとどこかへ消えてしまう、デブ猫。

そんな姿が、ふうてんの寅さんに重なります。

人間社会では、寅さんになりたくてもなれない人がいっぱいいるので、
せめて虎丸には、寅さんのように生ききってほしいと思っています。
スポンサーサイト

 

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。